転職のケシキ運営者情報

当ページのリンクには広告が含まれています。
プロフィール

はじめましてハルシバと申します。

『転職のケシキ』は転職で失敗しないように実体験をもとに、正しい情報をお伝えするWebサイトです。

ハルシバ

よろしくお願いします

転職のケシキの運営体制

主な運営者情報です。

転職のケシキを運営するにあたり、ハルシバの経歴や実績をお伝えします。

項目内容
運営者転職のケシキ編集部
代表者ハルシバ
保有資格国家資格キャリアコンサルタント
学位MBA(経営学研究科 経営管理専攻)
代表者SNSX(旧Twitter)@haru_keshiki
運営者サイト転職のケシキ
サイト設立日2023年8月14日
URLhttps://tenkeshiki.com/
お問い合わせお問い合わせフォームからご連絡ください
プライバシーポリシープライバシーポリシーをご覧ください

運営者ハルシバの略歴

運営者情報

僕はこれまで8回の転職を経て、現在は「人事」という仕事を15年経験しています。

就職氷河期世代で、「グラフィックデザイナー」というデザインの仕事からキャリアをスタートしており、人事とは全く関係のないことをしていました。

グラフィックデザイナーから営業職にキャリアチェンジしたことで、僕の「超ブラック企業人生」が幕を開けることになります。

ハルシバ

マジで後悔

営業職にキャリアチェンジした会社ではマネージャーまで昇格したのですが、経営を乗っ取られてしまい倒産する事態に巻き込まれています。

想像できないかもしれませんが、この時「数百名の従業員」が3ヶ月分の給与未払いの状態で即日解雇になっています。

しかし、この倒産の経験は僕にとって大きな転機になりました。

倒産してみんな無職になってしまったにも関わらず、人事部の人たちは献身的に従業員のために残って無償で手続きをしてくれていたのです。

僕は人事の人たちが働く姿勢を見て、憧れを抱き人事としてのキャリアを歩むことになりました。

フユスケ

かっこよかったんだね

人事にキャリアチェンジをした後も、「超ブラック企業」から抜け出すことができませんでした。

結果的に8回の転職を経験することになるのですが、現職に至るまでずっと逆境の中でサラリーマン人生をもがきつづけています。

なぜブラック企業に「超」をつけているかといと、皆さんが想像する以上にひどい環境だったからです。

  • 平均離職率90%
  • 有給は「私用」で使ったことがない
  • 残業100時間でも「残業代」をもらったことがない

上記は僕が経験した超ブラック企業の一例です。

僕はこうした超ブラック企業での経験を積み重ねる中で、「なぜこんなにヤバい会社が多いのだろう」という疑問が消えないようになりました。

超ブラック企業では、社会的弱者がとことん搾取される構造になっています。

僕自身も生まれは地方で、実家は経済的には恵まれておらず「社会的弱者」の出身です。

当時進学の相談をして親から「学費がない」と泣かれたことは今でもトラウマです。

ハルシバ

学校は新聞奨学生で通った

僕は20年以上こういった逆境の中でサラリーマンとして、文字通りサバイバルをしてきました。

光がなくても生きていくことができるという揶揄から、超ブラック企業でついたあだ名は「深海魚」です。

実際、光(希望)がなくても生きていかなければいけない状況でした。

一方で、僕にはもう一つ「保健室」というあだ名がついています。

劣悪な環境の超ブラック企業では、相談する相手がおらず誰も頼ることができません。

僕自身も相談役がいないことで辛い経験をしたので、いつのまにか同僚や新人の相談に乗る機会が増えていました。

相談される中には「転職の相談」や「人生の相談」もあったので、できるだけ精度の高い情報を提供できるようにと考えるようになっていきます。

周りから相談されていたことがきっかけになり、正しい経営や会社のことを学ぼうと考えて「MBA」を修めることになります。

ハルシバ

すごく勉強した

MBAとは、Master of Business Administrationの略です。日本では経営学修士と呼ばれ、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位であり、資格とは異なります。

グロービス経営大学院|MBA(経営学修士)とは

MBAを3000時間猛勉強したことで、経営を理解し自分のキャリアがひらけました。

また絶対に誰にも負けないくらいの努力を2年間続けたので、絶対の自信を手に入れて自分の可能性を広げることができました。

さらに、MBAを取得した数年後、キャリアや転職についての興味が深くなり「国家資格キャリアコンサルタント」を取得することになります。

国家資格キャリアコンサルタントは国の政策としても重要な役割を担う、転職相談のプロフェッショナルです。

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

厚生労働省|キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

国家資格キャリアコンサルタントを取得したことで、キャリアだけではなくコミュニケーションについてもよく理解できるようになりました。

僕自身悩まなくなったわけではありませんが、自らキャリアを切り拓いてきたことで、少なくとも「人生の選択」は自分で選ぶことができるようにはなりました。

僕はこの「人事・キャリアコンサルタント・MBA」という力を重ねることで、価値ある情報を提供していきます。

同じように悩む人の役立てたらと思ってこのブログを真剣に運営しています。

運営者ハルシバの実績

僕は20年以上の逆境経験の中で、多くのことを学び経験してきました。

つらい問題から逃げなかったことで、壁にぶつかりながらも自分でキャリアを切りひらくことができたのです。

MBAホルダー

運営者情報

MBA取得はお金も時間もかかります。僕は2年で3,000時間以上かけて経営についてのあらゆる知識を学びました。

「会社の経営」についてよく理解しておくと、転職やキャリアを考えるときに、客観的で正しい判断ができるようになります。

国家資格キャリアコンサルタント

運営者情報

国家資格キャリアコンサルタントはキャリア相談のプロフェッショナルです。この資格を持っていないとキャリアコンサルタントと名乗ることはできません。

キャリアだけではなく、コミュニケーションや心の悩みなど「人生そのもの」について500時間以上をかけて深く学びました。

人事経験15年以上

運営者情報

僕のキャリア軸は「人事」です。人事は会社の人に関わること全てが仕事なので、必然的に人やキャリアについて誰よりも深く考えてきました。

採用面接は1,000人以上経験しており、会社のシステムである「人事制度」づくりも行っています。

転職経験8回

運営者情報

これまで超ブラック企業を経験してきたことで、転職を余儀なくされてきました。

結果的に転職回数が多くなっていますが、おかげであらゆる業界や企業を経験することができました。また、一度も「逃げの転職」はしておらず、必ず自分のキャリアの糧になる転職先を選択しています。

起業と倒産の経験

運営者情報

僕は起業と倒産のどちらも経験しています。起業は立ち上げる前に資金調達の関係で頓挫してしまいますが良い失敗経験になっています。

倒産は経営を乗っ取られるというドラマのような出来事を経験しており、倒産の時に「人はどうなるのか」という人間模様を見てきました。

『転職のケシキ』のコンセプト

当ブログの運営目的

転職やキャリアについては客観的に考えることが難しいので、自分だけで考えるとミスマッチを引き起こす原因になってしまいます。

そのため転職のケシキでは、筆者のMBAや転職の経験をもとに「当時の自分にアドバイスするなら何を伝えるか」という観点で役立つ情報をお伝えしていきます。

また、スキルアップなど自分の力を高めていくことができるように、サポートすることを目的としています。

当ブログの編集ポリシー

転職のケシキでは、主に以下のサイトの情報を参考に記事を編集しています。